【ニンゲン】日本政府も確認している南極の海の巨大生物

 

日本政府が行っている南極周辺海域での「調査捕鯨」では、鯨の捕獲調査だけでなく、捕獲しない種類の鯨も調査し、記録しているそうです。そこで、公に出来ない「ある物体」が数年前から目撃されているそうなのです。ソースは関係者から直接。その物体とは、調査捕鯨関係者の間で「人型物体」と名付けられているもので、タイプがいくつかあるそうで、人間の形(五体あり)とか、人間の上半身が二つ連結された形とか、数タイプあり、鯨と同じように水中から現れるらしい。全身真っ白で、全長数十メートル。数年前以前の捕鯨を行っていた時代には誰も見たことがなかったらしい。

情報を公にすると、現在の調査捕鯨の科学的信憑性がひっくり返るとかで、「非常に困惑している」とのこと。記録だけ付けているそうですが、積極的に探索したりはしていないらしい。(調査スケジュールが外国との間の国際委員会に提出されているので、動かせないということ)
「ヨタ話として他人に喋ってもいいよ。ただ、俺から聞いたとは言わないように。どうせ、他の連中も喋ってるはずだけど」だそうです。

水棲人類とかいうやつかな?おもしれーな。詳細希望

>>
「生き物とは思えない。最初はどこかの国の潜水艦かと思ったけど」だそうです。船の近くには出てこない、接近すると潜ってしまうそうなのですが、画像を拡大すると、表面はつるつるしているようで、しかし、割と不定形で人工物ではないようだとのこと。不思議というか、作り話にしても妙にディティールが凝った話なので必死に訊いたのですが、
「あれはたぶん、神様とかそんなモンだよ」と言っていました。話の真偽はともかくとして、その話を聞いたのは事実。ネタではありません。他に、この話聞いたことのある方がいたらお願いします。(スレ立てた方がいいのかな)

目撃の季節とか、単体なのかとか、探知機での反応はとか、色々知りたいです。 スレ立てた方が情報が集まりやすいのでは?

>>
季節は夏(日本が冬の間)でしょう。夜に現れることが多いそうです。(聞いたのを思い出しました)ただ、夜間は鯨の調査をやっていないらしく、それが出てくると夜間の当直者が他のメンバーを起こして回るらしい。写真に撮っても海に浮かんだ氷(氷山?)のようにしか見えない(近くで撮れない)のと、調査関係の写真は一切流出禁止ということらしいです。(グリーンピースとかの対策で)

調査船団に同行しているカメラマンがかなり粘って撮影しようとしたそうですが、あまり良い写真は撮られてないはず、と言っていました。(暗視カメラとか、赤外線フィルムとか、そういう手段でしょうか。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。