小さい頃、蔵の二階で祖父にとんでもないものを見せられた記憶がある

 

記憶が曖昧なんだけど。私が小さい時にどういう経緯かは忘れてしまったんだけど、おじいに連れられて、蔵の二階にあがった。そこは寝泊まりができる小さな部屋になっていた。ちゃぶ台と古くて赤い布団、古いタンスがあった。

おじいは、どこからか生卵を出して、見てろー、という顔を私に向けた。じっとしていると、蛇がちょろっと出てきて、おじいの手から生卵を飲んだ。私は息を殺して見ていた。おじいが言うには、それは青大将という蛇で、なんとなくこの蔵の主なんだろうな、と思った。

その頃は、悪い事をするとよくこの蔵に放り込まれていたんだけど、そのたびに、蛇が怖いよーと大泣きしていたのを覚えている。

でも、よくよく考えると、あの蔵二階なんてないんだよね。この記憶なんなんだろ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。