深夜のダムに響く落下音の正体は何だったのか

   2017/07/14

友人の話。大学生の頃、心霊スポットとして有名なダムに、夜一人で出かけたという。確とした理由はない。強いて言えば、若気の至りだったらしい。

車を停めて、ダムの周りをぐるり一周する側道を歩き出した。月明かりを頼りに、明かりも持たずに歩を進める。暗い道をのってりのってり歩いていると、突然背後から大きな水音がした。まるで大きな石を投げ込んだかのような。ギョッとして立ち止まるが、闇の中には何も見えない。

と、今度は彼の前方から水音がする。あまり間を置かずに、次はまた後方から水の音
「怖いものは考えるな。怖くないものを想像するんだ。海豚、そう海豚だ。海豚が俺の横で、前後にくり返しジャンプしているんだ。」

自分に言い聞かせ、怖くない怖くないと呟きながら歩き切った。ザッパーンという水音は、途切れずにテンポ良く続いている。駐車場への道に出て小走りになった彼の後ろから、鳴き声が浴びせられた。何とも表現の仕様がない奇怪な声だったという。

「海豚じゃなかったよ、やっぱり。」
怖れたような、しかしどこかしら残念そうな顔で彼は言った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。