松の木で首をつると松に取り込まれて成仏できなくなるらしい

 

知り合いの話。猟師をしていた祖父と、一緒に山に入っていた時に教えられたこと。
「俺も何度か首吊りした奴を見たけどな、ありゃ見目がいいモンじゃない。下が垂れ流しになるからな。それから首吊るんなら、絶対に松の木でしちゃなんねェぞ。 松に取り込まれて成仏も出来なくなっちまう。ほれ、あんな風にな。」

そう言って祖父が指差した先、大きな松の陰に、一瞬灰色の人影が見えた。すぐに消えて見えなくなる。
「え? あの木で首吊った奴が居るのかって?」
「さぁてどうだったか。随分と前のことだからな。ま、自殺なんかするモンじゃねェってことだ。」

その教えのせいかどうか。
彼はどんなに辛くても、死にたいなどと考えない大人に育っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。