同級生との登山で撮った写真の背景が明らかにおかしかった

 

中3の時、毎年恒例だった学校の登山が中止になった。別に楽しみにしてたわけではないんだが、ないとつまんないな~、という話になって3年の男10名くらいで近場の山に登った。その日はどんよりしてたけど、真で雨は降ってなかったしその日以外はみんな都合が悪いと言うことで決行することに。でも中腹から上はすごい霧。5メートル先も見えないくらいの濃霧だった。

でもみんなでワイワイいいながら登って、「卒業アルバムに使おうぜ~」とか言って写真とったりして、普通に下山。家に帰ってリュックを開けると、入れてた折り畳み傘が無い。2~3回しか開けてないし、列の中ほどを歩いてたから歩いてて落としたら誰かが気づいたはずだけど、傘だけがリュックの中から消えていた。

それと、山上で撮った写真を現像したらなぜかバックが夜中みたいに真っ暗。昼間に登ったのに、なんだか不思議だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。