廃坑になった某炭坑から新月の日だけ音が聞こえてくる

 

アメリカで山岳ガイドに聞いた話。森林の奥深くに、手掘りの古い鉱坑がいくつも残っている地方があるのだという。誰が何を掘っていたのかはわからない。白人最初の入植者が来た時には、もう既に廃坑になっていたからだ。インディアンたちも、掘っていた者のことはまったく知らないという。

地元では、金を掘っていたんだろうと言い伝えられている。しかし坑道の中を確かめに行く者は一人もいない。新月の夜になると、いまだに鑿で岩を削る音が聞こえてくるからだ。まるで見つけられなかった何かを探すようで、鬼気迫るものがあるらしい。彼も耳にしたことがあるらしいが、努めて無視をしたそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。