山中で巨大な繭を見つけた。中には信じられないものが…

 

アメリカで材木業者に聞いた話。森林で行方不明になった樵の捜索をしている時、奇妙な物を見つけたという。薄暗い木立の中で、白い塊がぼんやりと中空に浮かんでいたのだ。近づいてみると、それは木の間に張り渡された白い繭だった。人が一人、充分に入るくらい大きかったという。

山の仕事について長いが、そんな代物を見るのは初めてだった。興味を覚えた彼は、持っていた山刀で、繭に切れ目を入れて中を覗いてみた。中から異臭があふれて来、黒ずんだ動物の身体が目に入る。ミイラ状になって干からびた鹿が一頭、繭の中に押し込められていた。目は虚ろに見開かれ、腹は何か入っているかのように膨れていたという。

ふと思い至った。鹿を捕まえてこんな繭を作れる生物って、一体どんなやつだ?急に心細くなり、その場から逃げ出したそうだ。行方不明の樵は無事見つかったが、その繭にはそれ以降お目にかかれていないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。