徘徊老人の町内放送に隠された仕掛け

   2017/06/17

おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると、役所が街灯拡声器で放送を流す。
「○○歳の男性が、××時から行方がわかりません。背格好は…」 とかそんな感じ。

見つかると「先ほど放送した男性は、無事発見されました」というような放送が流れる。冬になると毎年風物詩のようにこの放送が流れるんだ。

今朝も、黒っぽい服を着た67歳の男性の行方が朝九時からわからなくなっているという。この寒いのに、よく出歩く気になるもんだ。と、思ったら夕方になってまた放送が流れた。
「先ほど放送した男性は、発見されました」

『徘徊老人の町内放送』の解説を読む

発見されたが、無事ではなかった

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。