海に浮かぶ奇妙な肉と異様にブヨブヨした不気味な物体

 

女房の祖父が、昔、貨物船の船乗りでおもしろい話をいくつか聞いています。そのひとつ、「肉」というやつを・・・
その名の通り、肉の塊らしいんですけれども、直径3~5メートルぐらいで、表面に毛がびっしりと生えていることもあれば、象かカバのような皮膚のようなこともあり。顔も何も無く、ただの円形の肉布団のようなこともあれば、顔のようなものがついていて、1メートル近い長い鼻がついていることもあり、ただ波間に漂っていることもあれば、明らかに意思を持って泳いでいたり、と。パナマやキューバの方で10回ぐらい見たことがあるそうです。

もうひとつ、「ブヨブヨ」というのも聞きました。これは半透明のブヨブヨした感じの物体で、空に浮かんでいるそうです。大きさはコンビニ袋ぐらいのものから、直径2メートルぐらいまで色々。夜だとほんのりと光っていることもあるそうで。これまた、何をするわけでもないんだそうですが、祖父は一度つかまえようとして触れてみましたが、プヨプヨとした触感だけで、ツルンと逃げられてしまったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。