【怪奇】笑いながら川を流れていった襦袢の若い女

 

いつだったか忘れた昔に体験したもの。銀山行にある山清流で、岩魚釣りをした。山深い川なので、他に人もなく釣っていたがふと、川上からなにかが近づいてくる。それは襦袢を着ただけの若い女だった。

女は薄笑いを浮かべ、こちらを見据えたまま直立不動で流れていった。こりゃ忌しいモノを見たなと思い、あわてて竿を収めて引き下がった。良くやっかいになる麓近くの宿女将にそんなモノを見たと話した。すると、灰塩を掛けてくれながら、それあんまし人に話さんほぅがいいといわれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。