『光る和牛』に追いかけられた話

 

後輩の話。関西地方の、ある峠道をバイクで流していた時のこと。後ろから何かが猛スピードで追いかけてくるのに気がついた。

ライトも点けずエンジン音も聞こえない。慌てて路肩にバイクを止めてやり過ごそうとした。すると彼のすぐそばを、非常に大きな光る牛が走り抜けたという。牛は見事なコーナリングでカーブを曲がり消えたそうだ。ちなみにいうと和牛だったらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。