【不可解】異様に神経質な元カレの家

 

大学生になったばかしの頃、彼氏の家へ何度か寄った。乗り継ぎの駅と駅の間にあった家。外壁が少し黄色くて二階建てだった。

玄関入ると大きなキッチンがあって、真ん中に八人で掛けられるテーブルがある。「おじゃましま‥ 」と言いかけると、「しっ、声出すな」と咎められた。行くのいつも夜だったからなんだけど、キッチンは必ず電気が消えてて、人がいた事なかった。左に階段があり、途中で右に折れ、二階へ続いてた。彼氏の部屋は二階。二階の廊下も薄暗く、彼氏の部屋は明るかったけど、「あんま音立てるなよ」と、いやに神経質だった。

その家、何回くらい行ったかな。あんまり「静かに(怒)」って強要されるから、軽くイラついて、ある日の帰り、キッチンの端にぬいぐるみを置いてきた。自分が少し先に一階降ろされた時、彼氏の目を盗んで。彼氏は気がつかなかったみたい。何となく、自分の存在を家人へ知られたくない風だったから、ひっそり自己主張したくなってみた。

そしたら次の日から彼氏と連絡がとれなくなった。乗り継ぎ駅と言っても、そんな行く用事の多い駅じゃなかったから、すぐには行かないでて、一週間以上経ったかな。久しぶりに訪ねてみたら、その家自体が無くなってた。彼とは今も連絡取れていない。

何だったんだろう‥  別にここに書くようなのじゃなかったのかも知れない。でも自分には不可解な話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。