【忌み地まとめ】三頭山のとある岩の脇では炭焼きをしてはいけない

   2017/05/23

種ヶ岩(タネガイワ)

都民の森として整備された三頭山のどこかにある岩で、この岩の横の窯で炭を焼くと、火の中に頭を割られた男がじっと睨んでくるという。

昔長野から山梨まで種売りに来た男が、残りを桧原で捌こうとここまで来たところ日が暮れ、炭焼き窯の側の岩で野宿をしていた。早朝に炭焼きがやって来て、売上金欲しさに殺して窯で焼いたのだといわれる。そのためここでは炭を焼かないこととされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。