水が溢れ出てくる奇妙な竹

 

同僚の話。持ち山で竹を切っている時のこと。一本だけ、妙に太い竹に出くわした。普通の竹の倍はあったらしい。

大きさに躊躇いながらも鉈を入れると、節から盛大に水が吹き出した。どこにこれだけの水が収まっていたのか、不思議になるくらいの量だった。竹薮一面が水溜まりとなり、その日の作業はそこで打ち切って退散する。

翌日、家に昔からある井戸が枯れてしまったという。
「あの竹と何か関係があったのかなぁ?」
水道工事の段取りをしながら、彼はそう不思議そうに首を傾げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。