【怪奇現象】椎茸のほだ木に目玉が生えてきた話

   2017/06/11

知り合いの話。彼は山に椎茸を栽培するための小屋を持っている。小屋の手入れをしに行っていた時のこと。ほだ木を整理していると違和感を覚えた。まさか・・・自分が用意していた数より、増えていないか?

おかしく思い引っ張り回している撃ち、何本かのほだ木に異変が起きた。灰色の先端に、二つの眼がぱちくりと開いたのだ。しばし睨み合いこをした後、木の表面は波が走ったかのようにぶれた。ぶれが治まると、元通り何の変哲もない木材に戻っている。

怪しい木には手を触れぬことにして、その日は山を下りることにした。次に小屋を訪れた時、ほだ木の数は記憶にある数に落ち着いていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。