祖父がいつも山に持っていく杖の正体を聞いてガクブルした話

   2017/05/02

オカルトでは無いが、死んだ爺さんと山に散歩に行く時、いつも爺さんが持ってた杖は、仕込み杖だった。それを知って驚いて、なんでそんなものを?と聞いたら「戦後はな、山賊が出よったからのう、習慣よ」とのことだった。爺さんが死んだ後、その杖は処分されたようだ。

なんも知らずにその杖とか持ってた幼い頃の自分がガクブルな話。
散歩コースは鋪装された道がある中国地方の山だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。