【姿のない】得意の配達先に妙な家がある【注文者】

   2017/04/28

彼の実家は小さな酒屋を経営している。彼は専ら配達専門だ。お得意の配達先に、不思議な家があるのだという。
その家は山の中腹にポツンと一軒だけあって、小口だがちょくちょく注文がある。
それはありがたいのだが、今まで一度も家の主に会ったことがないのだ。
酒の注文は電話でおこなわれる。ボソボソとした男性の声。配達の品は、家の納屋の決まった場所に置いておく。

月末に支払金額を尋ねる電話があると、次の日にはお金が入った封筒が、やはり納屋の同じ場所に置かれているのだという。家屋も納屋も綺麗だが埃がかっていて、まるで使われず古くなった新品のような印象を受けるのだそうだ。

お金はすべて硬貨で構成されており、なぜか乾いた泥がこびり付いた物が多い。奇妙には思うが、親の代からの付き合いなので、特に気にしてはいないそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。