学校の「お別れ遠足」で遺体を見つけてしまった話

 

私は目撃していないのですが、怖い話を。私が出た小学校は、年度末に『お別れ遠足』と称して、近くの山に登ります。A山からM山に抜ける山道があり、距離は2キロほど。6年生を先頭に、1、2、3、4、5年生の順番だったと思います。

ある年、私は3年生か4年生でした。山道を登っていくと、途中で列が止まりました。かなりの長時間です。何があったんだろう、誰か怪我でもしたのかな、とクラスメイトと話していました。やっと列が動き出し、前の方から伝わってきたのは…。
「山道の脇に自殺と思われる首吊りの遺体があった」という話。

この話を最近友人にしたところ「その遺体はどうしたんだろう?」と言われました。普通なら警察が処理するところでしょうが、私達は警察を見ていません。逆のM山側から来たのかも知れませんが、まだ山に入ったばかりのところで、M山側から入ると随分遠回りになり、また2つの山の山頂を経なければなりません。

私が思うに、おそらく先生方が何とか遺体を見えないところに移動したのではないでしょうか。すると、私達が進んでいく山道の、さほど離れていない場所に遺体があったのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。