【鳥肌】人身事故後の捜索で体しか見つからなかった

 

霊的な話じゃないんだけど、10年くらい前に友人から聞いた話。経験したのはその友人の知り合い。友人の知り合いは、当時、電車の車掌の仕事をしていた。田舎の私鉄だったものだから、運行経路には見渡す限りの田園地帯という所もあって、人家がないと言う場所もある。

ある日、夜中に回送車両を同僚と運行していたら、突然目の前に人らしきものが飛び込んで来た。突然だったものだからブレーキをかけても間に合わず、電車で引いてしまった。場所は見渡す限りの田園地帯。だもんで、会社に緊急連絡をし、そのままにしてはおけないと言うのもあって、懐中電灯を持って飛び込んだ人を同僚と一緒に探した。

けれども体は全部見つかったものの、頭部だけがない。季節は夏で、田の稲が大きくなっていた頃だったから、たぶん田の稲の中に落ちてしまったんだろうと思い、田に入り頭部を探しに。

田に入ると足元に何かが当たり、激痛が走った。同僚に助けを求め、片足を上げると、頭部が足に食らい付いていた。踏んづけたとたんにアゴの神経かなんかを刺激したんじゃないかと、本人は語っていたそうですが。

亡くなった方にはご冥福をお祈り申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。