【奇形】奇妙な根を持つ無花果の木の話

   2017/04/13

庭にいちじくの木がある家があります。
ある日、おじいさんが亡くなりました。いちじくの実はいつにも増して真っ赤に熟していました。

しばらくして、おばあさんが亡くなりました。おじいさんのときと同じでいちじくの実は真っ赤に熟していました。なんだか怖くなった家の人はいちじくの木を切り落としてしまいました。

あとでわかったことなんですが、そのいちじくの木の根っこ。ちょっとおかしかったんです。普通、気の根っこは放射状に広がるものなんですが、そのいちじくの木の根っこだけは家の下に潜り込むように一直線に伸びていたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。