【通り魔事件】家に帰ると天井の板が一枚外れていた。

 

家に帰ると天井の板が一枚外れていた。

あまり気にすることなくそのままにして風呂に入った

風呂から上がりビールを飲みながらニュースを観た。また通り魔か……。しかもこの辺だ…。

そのとき急に寒気がして天井板のことを思い出した。すぐに板をはめて合板と釘で補強した。

これでもう安心だ。

『【通り魔事件】家に帰ると天井の板が一枚外れていた。』の解説を読む

家に帰ると天井板が外れていたのだから、自分が不在の時に外されていた。
ということは、通り魔が中に入って息を潜めていたと考える。
しかし、補強してしまったので、通り魔とずっと一緒にいなければならない。

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。