【予知夢】夢が現実になって惨事を回避したとある経験について書いてみる

 

ヘトヘトで仕事から帰って来て、テレビも電気もつけっぱなし、着替えもしなままソファーの上で寝ちゃった。ハッと目が覚めたら、部屋が真っ暗でちゃんとパジャマを着て布団に入ってるの。時間を確認するため携帯を取ろうとしたが、なぜか体がビクとも動かない。その時は金縛りとかそういうことは全然頭に無くて、ただ呆然としてしまった。

次の瞬間、玄関のドアノブをガチャガチャ回す音がした。せまいワンルームなので、今いる場所から動けなくても玄関まで見渡せる。様子をうかがっていると、そのまま誰かが入ってきた。強盗とかそういう感じではなく、靴をポイポイっと脱ぎ捨て、自分のうちに帰ってきたかのような堂々とした雰囲気。隣の人が間違えて入ってきたのかもしれないと思った。怖いというよりは、部屋が散らかってて恥ずかしいから、こっちまで来る前に間違いに気づいてくれなんて呑気なことを考えていた。

願いも虚しく、その人物は短い廊下をツカツカと渡りきり、部屋の電気のスイッチを押した。電気ってすぐパッと付くわけじゃなくて、何回か点滅するじゃない。そのチカッチカッチカッの間に、黒のフルフェイスのヘルメット、黒のライダースジャケット、黒のパンツ、左手に灯油なんかを入れるような青いポリタンクを持った男が見えた。

そこで目が覚めた。電気もテレビもつけっぱなしで、帰ってきたままの格好でソファーに寝転がってた。「なんだ夢か!」と時間を確認したら、帰ってきてから35分くらいしかたってなかった。

私はエントランスのオートロックを過信してドアのカギをしめないくせがあり、その日も案の定開けっ放しにしていた。でも変な夢を見たあとだったから、一応カギをかけに行った。カギをガチャンとしめたと同時くらいに、向こうからドアノブをガチャガチャッと回された。本当に同時くらい。すごいタイミング。私はびっくりして動けなかったんだけど、その間もノブは忙(せわ)しなく回ってた。

ドアの向こうのやつに部屋にいることを悟られてはいけないような気がして、息を殺してジッとしてた。ノブのガチャガチャが止んでしばらくして、ドアスコープから外を覗いたけど誰もいなかった。あの変な夢は予知夢だったのか、もしカギをかけるのがあと一歩遅かったら誰が入ってきたのか、と思うとゾーッとする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。