ある事件をきっかけにホームからの飛び降りが激減した町の話

 

ある日、電車のホームから飛び込みをした人を助けようとして、一緒に亡くなった男がいた。

彼の勇敢な行動に、彼を悼み、そして彼を勇敢な男として英雄のように町の人々はあがめた。

それから、この町一帯の駅での、飛び込み自殺者の数は激減したという。

『ある事件をきっかけにホームからの飛び降りが激減した町の話』の解説を読む

実は、この英雄視された男は、助けようとしていたのではなく、むしろ人を突き落としていた殺人者だった。

だから、彼が亡くなったことで、ホームへの飛び込み自殺が減ったのだ。

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。