【学校の怪談】怖い話を語るうちにおかしくなってしまった友人

 

僕がまだ高校生だった冬、まあまあの進学校だったため、週に三回、選択者だけの補習が9時近くまでありました。その日は英語の補習で、男が僕を入れて4人、女3人、出来の悪い連中で授業を受けていました。出来が悪いせいで、普段は9時を過ぎる事が多かったんですけど、その日は何故かみんなサクサクと問題が解けて、補習は8時半に終わりました。

家に帰るのもだるいと言う事で、みんなでダベることに。そうやって喋っているうちに、「怖い話をしよう」ということになりました。一人一人順番に、知っている怖い話をしていきました。

二人目が話し終わり、次は友人のTの番です。「これ、A(僕のこと)から聞いた話なんやけど――」そう言ってTが話し始めた話を聞いて、僕は笑いそうになりました。彼が話そうとしていた話は、最後に大声を出して驚かすという、よくある落ちのものだったからです。落ちを知っている僕は、みんなどんな反応をするか楽しみで、あまりTの話を聞いていませんでした。

しかし、もう終わってもいいはずなのに、Tは長々と話を続けています。話の内容を聞いてみると、僕が話した話と少し違うことに気が付きました。こいつ、アドリブなんか入れおってwwwいつからそんな賢マンになったんだwwwwwと、僕はみんなの反応がますます楽しみになってきました。笑うのをこらえ、Tの顔を見ました。あ、やばい…一瞬にして、僕は恐怖で一杯になりました。Tはただ一点を見つめ、まばたきもせず話し続けていました。そんなTを見たのは初めてでした。話の内容も妙にリアルで、グロテスクな部分も多く、一人の女の子はすでに耳を塞いで下を向いていました。本当にやばいかもと思い、僕は「俺が話したのと違うやん」と言ってTの話を中断させようとしましたが、Tは僕の声など聞こえないという風に話を続けていました。他の友達もTの異変に気付きだしました。僕は必死に話を止めさせようとしましたが、Tは話し続けます。他の友達も段々怖くなってきて、過呼吸になった子もいました。

本当にまずいと思った僕は、「お前ホントもうやめろって」と大声で叫びTの肩を強く掴みました。その瞬間、Tが「キャハハハハハハハハ」と甲高い声で笑い出して笑ったかと思うと、今度は全身の力が抜けたように腰から倒れ、机に額を強く打ち付け、動かなくなりました。僕たちはどうしていいか分からず、ただTを見ていました。するとTはゆっくり僕たちの方を向き、「…吐きそう」と歯をガタガタいわせながら言いました。Tはトイレで何度も嘔吐し、何人かの友人に支えられ帰っていきました。

あれがいったい何だったのか、今でも分からないままです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。