50年前に火災を起こした廃工場に学習塾がオープンしたんだけど

 

人生で1回体験した不思議な出来事です。25年前の話です。特定されてしまうので、何の工場かは伏せます。

中1になって、俺と仲の良い友達二人は塾に通い始めました。その友達二人は同じ塾に通っていて、俺にも「塾へ来たら?」というので親に頼み、その塾へ行かせてもらうことにしました。その塾は昔火災を起こした工場(総鉄筋コンクリート作り)の端、4階にありました。工場はどの階も仕切り壁はなく、建物の端から端までの1部屋となっていると聞きました。そしてその塾の教室は、新たに簡易的な壁を建てて部屋を作っていました。

その火災を起こした工場ではパート従業員の婦人や老人が働いていて、大勢の方が亡くなられたと聞きました。50年以上前の火災です。その火災が原因で廃業し、建物は20年以上空きとなりました。窓は全て取り払われ、木の板が貼り付けてありました。塾の教室だけは窓を取り付けてありました。塾の教室へいくには建物の端にある建物と同化したコンクリート製の階段(非常階段)を登ることになります。

塾は夜の7時から始まります。塾の初日、冬も近い秋の夕暮れ6時半頃、俺は1人で4階の教室に向かいました。階段の段1つが大きめで急な、らせん階段状(階段に中階があるようなタイプ)の階段を登っていると、今何階なのかよく分からなくなるのです。しかも足音が響くため、誰かに後ろから付けてこられているような気味悪さがありました。

ハアハア言いながら登りました。ここは何階だ?何も書いていませんでした。多分3階の鉄ドアだったと思います。ドアノブに手を掛けると鍵がかかっていて回せませんでした。そのままなぜか4階を素通りしてしまい5階の鉄ドアの前まできました。ドアの向こうから微かにワイワイと人の声が聞こえました。「あ、ここだ。」そう思ってドアノブに手をかけ、何の疑いもなくドアノブを回しました。回せました。

鉄ドアを開けると、声がパッと消えて、外の夕暮れの薄明かりが真っ暗な部屋の5m先ぐらいまでを映しだしました。何らかの道具がホコリをかぶって散乱してました。30m以上ある吸い込まれそうな程、真っ暗な部屋。今の声はなんだ?正直、俺は腰が抜けそうなくらいビビリました。急いで1階まで階段を降りました。その降りている最中も、足音が響いて追いかけられてるような感じで、すぐ背後にも気配を感じました。階段から転げ落ちそうでした。

イヤだけど行くしかないという事で、今度はちゃんと1階、2階と確認し4階の鉄扉を開けると、蛍光灯の明るい部屋がそこにはありました。しかも静かでした。塾は1年通ってやめました。建物はその3年後ぐらいに取り壊されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。