【精神病の闇】過食症でしんだ姉の悍ましい日記を見てしまった

 

私の姉の話で、私自身が体験した話です。
私の姉は過食症でした。高校二年の頃から姉はよく食べるようになりました。元々よく食べる方だったのですが間食も増え、一回の食事の量は二人前は当たり前。自発的に運動は少ししていたようですが食欲は増すばかりで今まで標準体型だったのが3年の夏にはどうみても肥満体系に。それが過食症だと私は薄々気づいていたのですが、家族(特に母)はほとんど姉に関心がなく、見てみぬふりをしていました。

姉は大人しい性格で、母や父のせいもあり学校や友達の話などほとんど語りませんが、学校での成績は中の中、運動神経は中の上、友達は少人数ながらも良く家に連れてきたり遊びにいったりと充実した様子で、誰に対してもいつもにこにことして良く接していました。しかし、夏ごろになると異常な食べ方が顕著になり、私が心配して「お姉ちゃん、大丈夫?ちょっと食べすぎだよ」と言うと、「え?何が?大丈夫だよ。大丈夫、あとで運動するから!」と笑ってはぐらかすようになりました。

母はと言えば、丸々太ってもなお際限なく食べる娘が醜くなったのか「お前は家を食い潰す気か!それ以上その食生活続けるなら家を出て行け!」と怒鳴りつけてしまいました。姉は少し悲しそうな顔をしましたが反論することもなく、次の日からすっぱりと普通の食事量に戻りました。一週間経っても何事もなかったかのようにその食事を続けていたので、私も「あれ?過食症ってこんなにあっさり治るんだ」と思っていました。

しかし、そんな簡単に治るはずはありません。それから2週間程経った8月の夜中1時過ぎ。私は寝苦しさから水を飲もうと、二階の自室から一階のリビングに降りていきました。癖で電気を点けずに歩いていたので、リビングでライトを点けようとした時、奥のキッチンから物音と人の気配が。しかもうっすら明かりが。

えっ、もしかして強盗?と思い、用心してライトは点けずにキッチンの方に向かうと、そこに居たのは強盗ではなく姉でした。姉は半開きの冷蔵庫の前に座り込み、一心不乱に何かを食べていました。くちゃくちゃとガムを噛む様な音がしていましたが、ライトを点けるとそれが何かはすぐに分かりました。生肉です。母が買っていた、焼いてない生の牛肉でした。

しかも食べていたのは生肉だけではありません。座り込んだ姉の周りは鶏肉、生の野菜、ハム、生卵、マーガリン、ソースやマヨネーズといった調味料、後ろの引き出しも開けられており、乾物類やホットケーキミックスなどの粉物なども散乱、そして姉が吐いたと思われるおびただしい量の嘔吐物が床一面に広がっていました。

私はパニックになりながら「お姉ちゃん!何やってるの!?何食べてるの!!!どうしたの!!」と姉の肩を掴んで、慌てて生肉を取り上げると、みたことも無い、完全に正常ではない目つきで私を見て「ん?あー、大丈夫。あはは。大丈夫」と口調だけはいつもと同じ、何気ない返事でした。どうみても壊れた姉に恐怖が限界を超え私は泣き叫びました。

『助けて』や『お母さん』という言葉も出ずただ泣いていると、それを聞いた父と母が飛んできて「何これ!?あんた何やってんの!!」「おい、どうした!」と口々に説明を求められましたが、私は泣き続け、姉も以前と同じく少し悲しそうな顔をしてだんまり。その後また吐き戻した姉を見て急いで地元の病院に駆け込み。
直ぐに姉は胃洗浄され処置を受けましたが、当然お腹に菌が入り回復するまで入院+治療ということになりました。母も父ようやく娘の異常性を認めたようで、入院、退院後はそれまでの放任が嘘だったように姉の事を気にかけるようになりました。

姉はというと暴れたり暴言を吐くわけでもなく、その後もただ前と変わらずにこにこと私達に接していました。今までの異常性については「自分でもおかしいと思ってたよ。ごめんなさい」と認める発言もあり、
精神的な面の治療も順調でした。

退院後の姉は進学の為勉強に励み、私も以前と同じ生活、少し優しくなった母と父とでありふれた日々を過ごしていました。そして数ヶ月が過ぎた冬、姉は自殺しました。突然のことでした。その日は日曜で、姉は朝から夕方まで友達の家に遊びにいっていて、帰ってきて少しして「ちょっと友達の家に忘れ物したから取りにいってくる」と出かけたのが最期でした。

その前日も、出かける前も、姉には何の変化はありませんでした。以前より少し明るくなった事もあり、何の違和感もありませんでした。 家から少し歩いたところにある山中で、木にロープをくくり付けて首を吊っていました。倒れた足台のそばに『ごめんなさい』と書いた遺書を残して。

それから葬儀など色々あり、姉の部屋はあまり触られずあの日のままにしていました。落ち着いた頃、父母と話し合い姉の部屋を片付けようということになりました。私が押入れの中を整理しているとごちゃごちゃに押し込まれたぬいぐるみやいらなくなったものの中に、三冊のノートが隠されていました。質素な表紙には何も書いておらず、私は何気なくページをめくりました。

『今日は○○を食べた。○○も食べた。××へ行き○○も食べた。もちろん大盛り。あーお腹痛い』
『アレがまた私の話を無視する。あのグズの話ばっかり聞きやがって。早くしねよ』
『いつもいつもいつも同じ場所に集まって気持ち悪い。虫以下。蟻以下。トラックとか突っ込んでこい』
『ああああああああああああああああああああああああああああああああああああしねしねしねしねしねしね』
自分が何を食べたかなどの詳細な記載、私達家族、学校やその他の関係者達の事細かな言動や恨み辛みなどが、赤いボールペンでびっしりと書かれていました。

日記だったようで、ほとんど毎日全部のページを埋め尽くすほど書かれており、一番古い日付は姉が高校に入学した日でした。さらにその一番古い表紙の裏には『まだ六冊あったけど燃やした』と書いてあり、
もっと以前から書いていた事も示されていました。姉が死んだ最期の日の日記は、日付と、ページの真ん中に園児がらくがきしたような絵柄で自分がにっこりと笑って首を吊っている絵が描かれていました。

以上が、姉の話です。今では私も両親を恨んでいます。そして姉があんな末路を辿ったのはきっと私にも責任があります。私もいつか姉と同じ死に方を選ぶつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。