【事故】学校行事のキャンプファイヤーで燃やしたモノとは…

 

中学2年の夏、学校の行事で山に1泊2日のキャンプに行くことになった。
夜はバーベキューの後、キャンプファイヤーをしながら歌を歌うことになっていた。
食事が終わった生徒から焚き木の周りに集まってきて全員いると確認とれたみたいだ。
でも火をつける寸前、歌詞が書いてある旅のしおりをテントに忘れたことに気づいて取りに戻った。
テントは少し離れた小高い丘にあってそこからさっきいた場所が見下ろせる。
見ると既にキャンプファイヤーは始まっていた、かなり盛り上がってるみたいだ。
ドーナッツ状に燃える炎がきれいだ、早くみんなのところに行こう。

『【事故】学校行事のキャンプファイヤーで燃やしたモノとは…』の解説を読む

キャンプファイヤーは焚き火を中心にして、人々が取り囲む。
だが、語り手が見た火はドーナツ状だった。
これは、人々(生徒たち)が燃えていることになる。

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。