夜中に「泊めてほしい」という来客。母がまさかの対応をした…

 

現在は結婚して、家は出ていますが、私がまだ母と暮らしていた、十七歳の頃の話です。夜中の三時ぐらいに、ピーーと玄関のチャイムが鳴りました。丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて、二人とも起きていました。「こんな遅くに誰だろね」なんて話しつつ、私が「はい」とインターフォンをとりました。

女性の声で、「あの…あの…突然すみません……今晩、あの…泊めて頂けませんか」と。声の感じでは四十代ぐらい。その妙におどおどしていた感じが気になって「え?泊めてくださいって母の知り合いの方ですか?」と聞き返しました。すると相手は「いえ…全然違うんです…あの…私近所のマンションに住んでまして、あの…私会社をクビになって…あの…もう住む所がなくて…だから泊めて頂きたいと……」と言いました。話がよく理解できなかった私は「母の知り合いではないんですね?でも泊めるのは……」と、おろおろしてしまいました。そこで見かねた母が「私が変わるから」といって、インターフォンで話しはじめました。

私は一体なんなんなんだろ?と思って、玄関の窓越しに相手を見に行きました。私が玄関の窓越しにみたその女性は、明らかに変な人でした。まず、顔はもうどうみても五十代なのに金髪の長髪。白い帽子をかぶっていて、明るい緑のブラウスに、赤地に白の水玉のふわっとしたスカート。右手には、たくさんの物が入った紙袋を持っていました。その様子をみて、これは変な人だ!と察知した私は、まだインターフォンで話している母に、「ちょっとママ!玄関に来てる人、絶対変!怖いからもうやめよう!相手にしないで『駄目です』っていって断ろう!」と、まくし立てました。そしたら母は、「ははははは」と笑って、「なんかこの雨の中、傘もなく歩いてきたんだって。怖いなら、傘だけでも貸して帰ってもらおう」と言うじゃありませんか。

その日は、確かに雨がざんざん振りでした。私はもう、その人の外見をみてるので泣きたくなって、こういう事にだけは度胸がある母をうらみました。私は怖くなったので、玄関から離れた奥のリビングで、玄関の様子を伺っていました。母が玄関を開けて話している声が聞こえてきて、しばらくすると「家には入れられません!帰ってください!」母の怒鳴り声が聞こえました。

私は普段、母の怒鳴り声なんか聞いたこともなかったので、それだけでかなりビビッてしまい、その時点で涙目になっていました。玄関ではガチャガチャガチャガチャ!!と、チェーンの付いた扉を無理やり開けようとする女性と、閉めようとする母が出す音が大きく響き渡り、十七歳の私を泣かせるだけの迫力がありました。でも、その押し問答の最中も聞こえてくるのは母の声だけ。相手の声はしません。やっとバタン!と玄関が閉まる音がして、母がふぅふぅ言いながら部屋に帰ってきました。

「あの人、やっぱりマリコの言うとおりだね。頭おかしいみたい。怖かったでしょう、ごめんね」
「なんかされたの?大丈夫?」
母はまた笑って、「いやいや、全然大丈夫。今日はもう寝なさい」と。しかし、この話をしている最中に、また玄関のチャイムがピーーピーーピーーピーーと物凄い勢いで鳴り始め、今度は玄関のドアが、ドンドンドンドン!!と叩かれました。

私のビビり具合はMAXに達して、「警察に電話しようよ!」と泣き始めました。母は「あとしばらく続くようなら警察を呼ぼう。あなたはもう寝なさいって。大丈夫だから」と言い、寝る準備を始めました。私は怖くてなかなか寝付けず、しばらく玄関の音に耳をすませていました。玄関の音は三十分ぐらいで止みましたが、それ以来しばらくは、夜中のお客さんは怖くて怖くて仕方ありませんでした。

その夜の出来事から五年後、私は一人暮らしを始める事になりました。明日から新しい部屋で暮らす事になった晩に、母と話をしていました。
「そういえば、あんな事があったね~。私怖くて怖くて、めっちゃ泣いた記憶がある」
「う~ん、あれだけで怖がってるようじゃ大丈夫かしらね、一人暮らし」
「あれだけで?」と聞いたら、母はこう話してくれました。
「私ね、あの時あなたが、物凄く怖がってたから言わなかったけど……まずあの人ね、雨が降ってる中歩いてきたって言ったのに、全然雨に濡れてなかったのよ。で、左手にバットを持ってたの。しかも、男の人だったよ」私が腰を抜かしたのは言うまでもありません。

「なんで警察呼ばないの~!」
「なんだか逆恨みされそうじゃない、家はもう知られてるし」
その次の日からの予定だった一人暮らしはしばらく先に延期になったのでした。みなさんも、夜中の来客にはお気をつけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。