机に置いた3万が消えた。半年後恐ろしい事が起きてたと判明

 

ネタじゃなくて実際にあった話。
高校生2年生の春、私はバイト代約3万円を机の上に置いたまま学校に行った。学校まで片道1時間半。高校を出たのが16時頃なので、家に帰ったのが18時前だったと思う。

帰ってみると、朝机に置いておいたはずの3万円が無くなっている。とりあえず家族に聞いてみるが、みんな「知らない」の一点張り。誰かが嘘をついてるんだろうなぁ。悪いのはお金を置きっぱなしにしていた自分だから仕方ないと思いつつ、その日は少しだけ勉強して23時頃に寝た。

次の日、朝6時頃に目が覚め、7時頃に家を出て学校へ向かった。それから半年後のことだ。私の不在時に、警察官二人と見知らぬ男がウチへやってきたらしい。対応したのは祖母。

警察「お宅でお金がなくなった事がありませんでしたか?」
祖母「さぁ、そんなことありませんでしたけど…」
警察「先日捕まえた男がお宅で盗みを働いたと自供しているんです。」
祖母「そういえば孫が、春頃に「お金が無くなった」と言ってましたが…半年前のことです。」
警察「多分それですね。」

こんなやり取りをしたそうだ。その後詳しく聞いた話では、金に困った男が所持金で行けるところまで行って泥棒に入ろうと考え、たまたまターゲットになったのがうちだったらしい。うまいこと侵入し俺の部屋へ入ると机の上に3万円があった。すかさず懐に入れたが、運悪くそこで俺が帰宅。慌てた男は、物置になっていた隣の部屋へ逃げ込んで一晩過ごし、翌朝人気がなくなったのを確認してから逃げ出したそうだ。壁一枚隔てた隣の部屋に一晩泥棒がいたってのを知って鳥肌が立った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。