【”かねだま”が来る】時々窓から入ってくる頭程の大きさの黒い玉

 

祖父から聞いた話。
子供の頃、家で昼寝をしていたら、窓から大人の頭ぐらいの真っ黒な玉が入って来たらしい。家の中を四方八方飛び回り、山の方へ帰って行った。そいつは”かねだま”と呼ばれ、特に悪さはしないんだけどな。昔は近所の人達と「昨日〇〇さんの家に、かねだまが入ったんだって・・・」なんて会話が珍しくなかったそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。