仕事でゴミ屋敷に行った時の鳥肌が立つ体験談

 

私の父は家電修理の派遣会社で働いてる。お客さんから家電が故障したという連絡をその派遣会社が受けて、父を含む作業員がお客さんの家に行って家電を修理する。だから父は色んな人の家に行くわけだけど、やっぱりたまに「ヤバイ家」に当たることがあるらしい。その中でもなかなか強烈だと思った家の話。

その家のお客さんは最初、かなり怒った様子で会社に電話を掛けてきたらしい。
「故障しているのはエアコンで、3日に1回はフィルターを掃除しているのに、すぐにホコリが出てくる。自分も家族も病弱なので、すぐに修理しろ」
とりあえずエアコンを見ないことにはどうにもならないので、父がその家に行くことになった。事前にそのお客さんから「エアコンのある家から5分ほどの別の家に住んでいるので、家の近くにきたら電話をくれ。そしたらそっちに向かう」と言われていた父は、お客さんのアパートの部屋の前で電話をいれた。

そしたら、なぜかそのお客さん、修理予定のエアコンのあるアパートから出てきたらしい。父は「は?」と思ったようだったが、部屋の中を見てさらに絶句したらしい。テレビでも見たことないようなゴミの山。アパートの部屋一杯に、壁までうず高くゴミが積み重なってる。お客さん曰く、それは商品らしいが、どう見てもゴミにしか見えない。でも不思議と臭いはしなかったらしい。

玄関を入って、ゴミの上を歩くようにして廊下を通り、エアコンが置いてあるキッチンへ。キッチンのシンクも真っ黒いものが1センチくらい積もってガビガビ。ゴミ、食器、ゴミ、と積み重なってるから料理ができるような状態じゃなさそう。後ろでお客さんに無言でじっと監視されながら肝心のエアコンを見ると、何とビックリするほど綺麗だったらしい。3日に一回フィルター掃除してるというのは本当みたいだった…。ゴミ屋敷なのに…。

しかし、何だか見たことない真っ白いガビガビが着いていて、どうにも取れないため、写真を撮ってその日は帰ることにした。で、引き返すためふと隣の部屋を見て、悲鳴をあげそうになった。

積み上がったゴミの真ん中に小さなコタツが置いてあり、そこのコタツに中学生くらいの男の子がただコタツのテーブルを見つめてじっと座っていた。家に入るときも、作業中も、物音は全くしなかったから、おそらくずっとその状態でいたのだと思う、と父は言っていた。父はそのあと、あいさつも早々にゴミをまたいでその部屋から出て、早めに家に帰ってきた。

ここまででも私は「うわー不気味だなー」と思っていたんだけど、父がそこで撮ったエアコンの写真見てさらに凍りついた。画面の右端が切り抜いたみたいに丸く真っ黒になってて、なんか中に建物みたいなのが写ってる。写真あげたいけどあげかたが分からない。男の子は一人であそこに住んでるんだろうか……幽霊がはっきり出たというわけではないけど、不気味な出来事だったので投稿しました。

読んでくれてありがとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。