【マンションの鍵の裏話】不在を狙って見知らぬ男が俺の部屋を使っていた

 

2DKのアパートに妹と暮らしてた時のことだ。引っ越して数週間の、夜に帰宅したとある日。妹はまだ帰宅してなかった。

玄関入って左手にトイレや洗面があって、真正面に風呂の扉と電気のスイッチがあった。雨の日で靴下がびしょびしょで、帰宅して玄関で靴下を脱いで絞って丸めて、風呂の方に投げたら、たまたま風呂のスイッチに当たって風呂の電気がついたんだ。

スイッチが最近主流の大きめなタイプだったんだよね。そうしたら風呂の中から真っ裸の男が出てきた。とっさの時って声が出ない。え?は?みたいな感じで私停止。男もスイッチのそばに私がいるはずと思っていたのか、玄関にいる私を見て停止。男がこっちに踏み出した瞬間玄関開けて外に逃げた。

3階だったから階段をダッシュで駆け下りるときに、後ろから真っ裸の男が追いかけて来る恐怖は今でも忘れられない。未だに後ろに気配があるとゾワゾワして電車とかに乗れない。そのあと、逃げ込んだ店の人が警察呼んでくれて、警察と一緒に家に戻ったけどすでにいなかったんだ。

鍵をこじ開けた形跡がないし鍵も確かにかけて出るから、という話をしたら結果的に前の住人が犯人だった。その犯人は短期間契約だったし、マスターキーもふくめて全て返却したから鍵を交換してなかったらしい。しかも、前科がそこそこあった。

敷金礼金がないような賃貸住宅を短期間だけ借りる(しかも鍵を変えなさそうな古い賃貸や個人所有の賃貸を狙う)→そのあと鍵で侵入という手口だったらしい。私達は普段家にいるときはチェーンロックも必ずかけるから、家にいるときは狙われなかったらしいけど、不在の時は時々入られていたみたいでゾッとしたよ。

2DKとか1LDKだと新婚さんや赤ちゃん連れとかが入居することが多いらしく、泣き寝入りももしかしたらあったのでは?という警察の話だったよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。