【未解決怪体験】祖母が忽然と消えた当時の状況

 

私の母方のおばさん(母の姉)と祖母が、都内の有名ホテルに2週間前から予約を入れて当日、チェックインしようとしたら受付で「予約が入っていない」と言われびっくりしたそうだ。今更ホテルを探せる時間でもなく、祖母は体調が悪く早く横になりたいようだった。おばが「どんな部屋でも良いのでお願いします。」と頼んでみた。受付の山岡さん(仮名)は「申し訳ありません本日は空いてるお部屋はございません。」と断ったそうだ。

おばは頭に来て「予約して確認まで取ったのにそっちの都合まで知りません。何とかしてくれないと困ります。祖母は具合が悪いんです。」怒って食い下がった。山岡さんはやっとゴソゴソ調べて「では、1245号室にキャンセルが出ていますので、そちらにご案内させていただきます。よろしいでしょうか?」と言われ、部屋のカギを渡されました。

おばは祖母が心配で1日ぐらいどんな部屋でも構わないと思い、早速祖母を連れてエレベーターで上がって1245室に入りました。感じの悪い受付だなぁ、と思いながらも時間も遅かったので我慢したそうです。

祖母は横になっても具合が良くならず、苦しそうでした。おばは、受付に電話して医者を呼んでもらいました。診察してもらうと葉山医師(仮名)は「ウイルス性の風邪でしょう」と言って市販のもので良い薬を何個か進めてくれたので、おばは、都内なのでまだ開いてる薬局にタクシーで往復しました。

降りる際にたまたま運転手が小銭が無く、おばは急いでホテルの受付で両替し、急いでいたせいでせっかく買ったお薬を受付のカウンターに置きっぱなしにして、タクシーにお金を払いに行ってしまいました。

戻ってみると受付には薬の入った袋が見当たらず、山岡さんに聞くと「いいえ、何もお忘れになっておりません」と言われました。おばはカッとなって「両替した時に置いて行ったじゃない」と言いました。しかし山岡さんは困った顔をして「どちらにお泊りですか?」というのです。

「何言ってるんですか?さっき、1245室のカギをくれたじゃないですか!」と言い返すと山岡さんは「は?」という顔をし「あのぉ~、どちらか別のホテルとお間違えではありませんか?ただいま1245室は空室になっておりますが、、。」と言いました。おばは何がなんだかわからなくなり「そんなことは無い」と説明すればするほど興奮して、山岡さんはキチ〇イを見る様におばを見ていました。

ちょうどその時、エレベーターから葉山医師が出てきて、おばは泣きながら「先生、さっき祖母を診断してお薬を進めてくださいましたよね?!」必死にすがりました。しかし、医師までも困った顔をして「申し訳ありませんが、きっと誰かと勘違いなさってますよ。すみません。」とそそくさ行ってしまいました。

おばが混乱しながらエレベーターに向かうと山岡さんが追いかけてきて「お客様、どちらにおいでですか」とおばを止めようとしたので「部屋に行って祖母の様子を見るんです!」と怒鳴りました。「では私もご一緒いたします。」と山岡さんと一緒に1245室に向かいました。おばはカギが無い事に気がつき、山岡さんがマスターキーで部屋を開けてくれました。そこは荷物も何も無く、もちろん寝てるはずの祖母もいませんでした。おばは半狂乱になり病院へ運ばれ、母が次の日にかけつけました。祖母が忽然と消えてしまった事実だけが残りました。

おばはまだ入院しています。祖母にはそれ以来会っていません。未だ(11年間)に行方不明で捜索しています。生きているかさえ不明です。警察はおばの言うことを信じてくれませんでした。この話は自分でも未だに信じられないんですが、親戚一同信じている事実です。

でも未だに訳がわからず、悲しいやら腹が立つやら。何度も嘘だと思ったし、おばにも会いましたが結局同じ話の繰り返し、、。新聞にも載らず、事件にもならず、ホテル側も知らん顔で祖母は帰ってきません。

母はこの話を最近になってやっと教えてくれました。できれば知りたくなかった。友達も同情してくれても信じてくれません。考えれば考えるほど私まで頭がおかしくなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。