「指差した人が3日以内に死ぬ」息子の特殊能力により判明した事実

 

俺の息子には、時々、人の顔をじっと指差すという妙な癖があった。「指差された人物が必ず3日以内に死ぬ」という事実を知ったのは最近のことだ。

面と向かっての場合に限らず、写真や画像でも息子の力は発揮されたのだった。今日もテレビを点けようとしたとき、息子はじっと画面を指差していた。点いたテレビには、大物議員の姿が。

「へえ~、こいつも死ぬのか」

『「指差した人が3日以内に死ぬ」息子の特殊能力により判明した事実』解説を読む

暗いテレビ画面には、反射した父親の姿が写っていた。

戻る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。