地下鉄のホームで呟くホームレスの特殊能力

 

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。

目の前をおばさんが通る。すると男は「豚」と呟いた。私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。

次に普通のビジネスマンが通る。すると男は「人」あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。

別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。男の目の前をやつれた男が通る。すると男は「牛」と呟いた。牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?

次に典型的な肥満の男が通る、すると男は「野菜」と呟いた。野菜?豚の間違いだろ?

私は家に帰り考えた。もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。

ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。

次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?私は能力を身につけた。それは期待するものとは違っていた。ただ単に、その人が直前に食べたものだった。私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。

『地下鉄のホームで呟くホームレスの特殊能力』の解説を読む

ビジネスマンが食べたものは?

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。