【鳥肌】娯楽施設のエレベーターに同乗した女性は…

 

昔、ある娯楽施設の夜間メンテナンスの仕事をしていた。作業を終えてカートに積んだ道具を仕舞いに業務用エレベーターに向かいボタンを押すとすぐ扉が開き、なかには女性従業員が乗っていた。「お疲れ様です」と声をかけて乗り込み、B1Fに向かう。

B1Fで降りて道具をしまいに行ったあと、またそのエレベーターのボタンを押すとすぐ扉が開いたので誰もいないエレベーターに乗って作業場の2Fに戻る。ふと考えると背筋が凍った。

『』の解説を読む

ボタンを押すとすぐに扉が開いたということはエレベーターはその階に止まっていた。つまり女性従業員は夜中のエレベーターにずっと乗っていたということ。

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。