【鳥肌】エレベーターを延々と上下している女の正体

   2017/02/05

8階に住んでいる。仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ。にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。

暗いのもすぐに理由がわかった。何本かの蛍光灯の1本が切れている。今に始まったことじゃない、ココの管理人は仕事が遅い。エレベーターが1階に着きドアが開いてギョッとした。中に人が居る・・・ドアに背を向けじっと立っている。赤いリボンと赤のワンピース女だ。
乗り込むのを一瞬躊躇したが乗らないのも変なのでそっと入り込んだ。

女に背を向けた状態で8階を押した。ボタンがどれも押してないことに気が尽き失敗したとすぐに思った。自分の住んでる階を押したくなかった。階上ランプを見つめながらエレベーターってこんなに遅かったかって考えていた。女は後ろを向いたままじっとして動かない。8階に着きエレベーターを降りたが女は変わらず後ろを向いている

部屋に着き少し落ち着きシャワーを浴びた。ビールの二缶目を飲もうとして冷蔵庫が空なのに気づいた。近くにコンビニがある。サンダルを引っ掛けエレベーターを呼んだ。

ドアが開くと女が乗っていた。さっきと同じ格好で背を向けじっと動かない。今度は乗れなかった。

『【鳥肌】エレベーターを延々と上下している女の正体』の解説を読む

1階からエレベーターに乗ったときは、照明が暗くて気づかなかったが、8階から乗るときは女と繋がっているロープが見えた。つまり、女は首つり自殺をしていたのだ。

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。