失踪した娘の居場所を透視したらとんでもないことが発覚した

 

ある日、地方に住んでいる6歳の少女が1行方不明になった。母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなったらしい。どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない。警察も半分諦めていた。

1ヵ月後、諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言えるアメリカで有名な透視能力者を大金を叩いて招いた。早速両親は娘が今、どこにいるのか透視して貰った。透視能力者は透視を始めた。何分か経って透視能力者は一言。
「この子は元気ですよ」
この言葉に両親、親族は大喜び。さらに透視能力者は続けた。
「この子の周りには豪華絢爛な家具が見えるので多分、裕福な家庭にいる事が推測されます」
この言葉に両親、親族は多少の疑問を抱きながらも喜んだ。そして母親が核心に迫った。
「娘は今、どこにいるのですか?詳しい場所を教えて下さい」

透視能力者は一言こう言った。
「あなたの娘さんは世界中にいます」

『失踪した娘の居場所を透視したらとんでもないことが発覚した』の解説を読む

娘の臓器が世界中に散らばってしまったのだ。つまり、闇ルートで体中の臓器を売りさばかれ、内臓の部分部分が元気にしているということ。

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。