小学3年の頃「とりかえっ子」された妹の話

   2017/02/01

小学校3年生の時の話。その日は土曜日で、当時の子供なら絶対に見逃してはいけない『8時だよ!全員集合』の放送があった。夕方7時頃、幼稚園児だった妹が「8時になったら起こしてね」と言って、2階に上がっていった。

前の番組が終わってCMに入ったので、言われたとおりに妹を起こしに2階の子供部屋に行った。ところが、妹の姿がない。部屋中探し回って、親の部屋や押し入れの中、下に降りてトイレや風呂場、犬小屋の中まで探したが、妹はどこにもいなかった。ひょっとして遊びに出たのかと、近所の仲良しの友達の家や、ちょっと離れた親戚の家まで探しに行ったが、妹はいなかった。

8時半ころには近所中が大騒ぎになってて、近所の人も入ってもらって、家の中をもう一度大捜索した。そんなに広い家でもなく、それこそ押入れの中の段ボールの中さえ探した。当時を知る人ならわかるだろうが、『全員集合』を見ないでかくれんぼや遊びに行くなんて絶対ありえないんだ。9時になり、誘拐説が囁かれはじめ、警察に連絡をってことになった。

その前に、もう一度だけ家の中を探すことになった。2階に行き、子供部屋の戸を開けたら……妹は普通にベッドに寝ていた。「どこに行ってたんだ!」って叩き起こしたら、妹はずっとベッドで寝ていたと言う。そんなはずはない。ベッドは、布団どころかクッションまで剥がして調べたんだ。もう近所の人たちには平謝りだったが、近所の人たちも不思議がってた。

あの1時間ほどの間、妹はどこに消えていたのか。家の中は大人数人でくまなく探したし、家の前には近所の人たちがずっといたから、出入りは不可能。神隠しにあっていたとしか思えない。

そして、その事件を境に、妹の性格が変わった。それまで女の子のくせに乱暴でケンカっ早い子だったのに、ものすごくおとなしい子になった。『とりかえっ子』って話があるよね?妹は違う子と入れ替わったんじゃないかと、今でも時々思うことがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。