蚊を潰したら大量の血が溢れパニックになった話

 

知り合いの話。家族でキャンプしていた時のこと。頃は夏で、蚊がとても多かったのだそうだ。
彼が火を起こしてると、自分の左手に大きな蚊が止まったのが見えた。逃がさないよう、素早く叩き潰す。次の瞬間、叩いた手の下から大量の血があふれ出した。呆然とする彼の目前で、暖かい血は後から後からこぼれ落ちる。

血の噴出が終わる頃には、彼の足元に大きな血だまりが出来ていたという。彼の身体に異常は生じなかったが、キャンプ場はちょっとしたパニックになったのだそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。