オカルト雑誌のライターが体験した「病院の中の異空間」

 

私は雑誌関係のライターをやっているものです。なんとか食えてるという程度で、売れっ子というわけでもありません。オカルト関係の仕事をやっていると、自分自身が奇妙な体験をすることもあります。

東京のある大学病院に取材へ行った時のことです。この仕事自体はオカルトとは関係なく、健康雑誌の仕事でした。協力者の医師とは、小会議室で13:30からインタビューし14:30に終了。医師と軽く雑談し、15:00に小会議室を出ました。この大学病院は山の斜面というか坂の途中に建っていて、旧館と新館に分かれています。少々判りにくくて、坂の途中にあるので、階数が入れ違っているような感じです。でも、まあ、来る時はすんなりと来られたのだから、帰る時もそんなに困りはしないだろう、と‥‥

どれぐらい歩いたでしょう。いつまで経っても出口に辿り着きません。車は旧館の駐車場に置いていたので、なんとか旧館の正面玄関に出たいのですが、どういうわけか行き着かないのです。

ふと時計を見ると、既に40分が経過していました。おかしい。いくらなんでも40分も歩き回るのはおかしい。歩きながら考えていると、背後に気配がしました。若い看護婦さんです。空の車椅子を押しながら角を曲がっていきます。もうこうなったら、新館でもなんでもいい。とにかく外に出よう。外にさえ出ればどうにかなる、そう思いながら、また歩き始めました。

異変に気付いたのは17:00を過ぎてからです。なぜか誰にも会わないのです。平日の昼間とはいえここは大病院。救急外来もあれば入院施設もあります。なのに私は、さっきからほとんど誰とも会っていない。そういえば、何人かの看護婦とすれ違ったような。いや、違うぞ?すれ違ってはいない。後ろを通っただけだ。

何人か?いや、違う、違うぞ。あの看護婦は同一人物だ。その証拠に、看護婦はいつも若く、毎回空の車椅子を押している。次の瞬間、私はゾッとしました。後ろに車椅子の気配を感じたからです。恐る恐る振り向くと、私の真後ろ1メートルほどに空の車椅子を押す若い看護婦が・・・そのまま私に向かってきたのです。まったく無表情で、私を視界に入れずに!

ぶつかる!と思った次の瞬間、看護婦と車椅子は私をすり抜けて、角を曲がっていきました。私は驚いて廊下を走りました。今までの順路とは逆の方向に、とにかく走りました。いつの間にか私は、取材場所だった小会議室の前に着きました。ホッとした私は、小会議室のそばの非常階段で煙草を一服しました。それから歩き始めると、スッと出口に到着したのです。その時の時間は17:56でした。なんとも言えぬ奇妙な体験でした。

その日の夜、家に帰ると出版社から仕事の依頼と資料が届いていました。その中に、ある女性漫画家の体験談がありました。京都の山でタクシーに乗っていたら、何度も何度も同じところをぐるぐる回って、いつまでも目的地に到着しない。しかし、煙草を一服したら、その迷宮から脱出できたという・・・。また、その資料の中には、自分は煙草をすわないがやばい雰囲気の時のために煙草を持ち歩いている、というのも。煙草には、なにか特殊な力でもあるのでしょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。