集団ヒステリーによる自殺とされた受験生の夜会の真相

 

この話は実際に新聞に載ったという前ふりで聞いた話です。
ある高校生の男女各4人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。夜もふけてきた所で、肝試しに行くことになりました。でも本当の目的はむしろ、男女ペアになって行くという事のほうが楽しみだったので、場所は安直に彼らの通う高校に行くことにしたそうです。

しかし、この高校は築100年近くたっていたので、行って見ると思ったより迫力があります。早速男女ペアになって、一組づつ学校の周りを一周することになりました。構内には入れなかったので、周りを一周するだけならせいぜいかかる時間は20分ほどです。まず最初の1組が出発しました。皆でひやかしたりしながら、にぎやかに去っていきました。

しかし、20分たっても30分たっても戻ってきません。2人っきりで何をしてるんだろうかとひやかしながら、2組目が出発しました。しかし、やはり彼らも帰ってきません。3組目が出発することになりました。このころにはさすがに深刻になってきていて「絶対周ったら戻ってくるし、他のやつらも見つけたら連れてくる」と約束して出発しました。そして、この3組目も戻ってきません。一組目が出発して既に2時間以上たっていました。

とうとう女の子は泣き出しました。残ったもう一人の男の子が「俺が行ってくる。もし30分たっても俺が戻ってこなかったら警察へいけ。絶対待つなよ」と言い残して駆け出しました。そして、その子も戻ってきませんでした。

残された女の子は泣きながら、それでも1時間待ったそうです。そしてその足で、警察へと向かいました。警察官が探しても見つかりません。
しかし、夜もすっかり明けたころ、とうとう7人は見つかりました。その高校にはグランドの端に、古くなった旧体育館があるそうです。そこのトイレを開けると、7人全員が首を吊っていたそうです。

女の子の証言から、自殺する理由がないと思われたのですが、結局他殺の痕跡はなく、受験生の集団ヒステリーとして片付けられたそうです。その学校には、これといった怪談話もなかったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。