【鳥肌】部屋に潜んでいた「同居人」

   2017/01/21

未だにトラウマで一人暮し出来ない。昔一人暮ししてた頃、私の部屋に数日間見知らぬ人が潜んでた事があった。ある日を境に、帰宅する度に部屋の様子に違和感を感じ始めた。私は記憶力には自信があって、少しだけれど明らかに位置がずれてるごみ箱とか見ておかしいと確信したものの、どういう事か状況を理解出来ないから、首を傾げてばかりだった。

そんな中のある夜、いつもの如く風呂上がりにリビングのベッドにもたれながら、机の上に置いた大きめの鏡の前で化粧水を付けてた。そして、ふとしたひょうしに肘か何かに鏡が当たって、机の上から落下した。その鏡にはケースがついていて、落とした衝撃で中に入れてたアクセサリーまで散らばっちゃって「最悪!」って一人怒りながら拾い集めていた。

ふと落下した鏡を見ると、ベッドの下が写ってたんだけど、そこに見覚えのない明らかに生身の人間(女)が寝ていて、しかも鏡越しに目が合った。びっくりしすぎて頭真っ白で、心臓発作かと思うぐらいの勢いで「ひっ!」って成って、息が出来なくなったんだけれど、危険だという事はすぐわかったから、急いで部屋を飛び出して、アパート近くの知り合いの家へ駆け込み通報した。

パトカー3台ぐらい来て大変な事になったんだけれど、時既に遅し、もう女はいなかったみたいで、走り書きみたいな下手くそな字で、折り込みチラシの裏に『ごめんね』って書かれたメモと10円玉が机の上に置いてあったらしい。ちょっと気の毒だと思ったけれど、こっちは本当に死ぬかと思ったよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。