失踪した友人の行方

   2017/01/20

小さい頃、マンションで鬼ごっこしてたら友達がそのままいなくなってな。その日俺は家に帰ったんだけど、そいつは帰らなかったらしい。俺はふとマンションの屋上に上がれるようになっていたことを思い出した。しかも、なんか狭い隙間みたいなところがあったな。あいつもしかして、そこから落ちたんじゃないか。

そう思うといても立ってもいられなくなって今日早速そのマンションの屋上に登ってみた。そしたら案の定、あいつはそこにいた。隙間から見下ろすと「助けてー」と手を振っていた。

『失踪した友人の行方』の解説を読む

恐らく、主人公は現在成人男性。子供の頃、友達が行方不明になった事を思い出し、久しぶりに現場に行った。当時の記憶が甦り、友達が落ちたかも知れない場所に行ってみると、友達が当時と変わらない姿で手を……

戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。