本に挟まれていた怪文書

 

東京駅の近くに八重洲ブックセンターってありますよね。入り口に金箔二宮金次郎がある本屋。あそこでバイトしてるんですけど、いくつかやばい体験をしています。昨日は怪文書を発見してしまいました。霊ではなく人間が怖い、と言うことで。

自分法律書の担当なんですが、時折ものすごい怪文書が売り物に挟まっていることがあります。破産法の分厚い本があるんですが、そこの中ぐらいから紙が飛び出ていたので、棚整理の時にページの折れかと思って直そうとしたんですが、どうもレポート用紙のよう。いたずらかな?と思ってさっさと捨てるんですが、そのメモ用紙に書かれている文章が怖かったんです。

『娘はとおくに行ってしまった。妻も覚悟は出来ている。この本を手に取ったあなたも同じ目に会っているだろうと思う。あなたは希望を捨てないで欲しい。私はこれを最後とし光のもとからとうぼうするつもりだ。あなたは光のみちを歩いてほしい』と赤字で書かれたメモ用紙。

なんだよ、人間の方が怖いじゃないか! もう棚整理はしたくないです・・・。本屋の怪奇事件簿は続く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。