引っ掻き傷だらけのアパート

 

昔、大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いてて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。

管理人に「本当にここでいいの?上(二階)空いてるよ」と言われたが、俺は別にどっちでもよかったんで、管理人の言葉に耳を貸さずに一階に決めた。部屋自体は3部屋もあって、家賃5万円にしてはすごくいい部屋で、
よくこんな物件がよく空いてたな~と喜びにふけっていた。部屋に荷物を持ち込み、本格的に住み始めてから気づいたが、部屋のある壁に引っ掻き傷がたくさんついていた。

そんなことを気にせず暮らしていてある日、部屋の引っ掻き傷が気になって、なんでこんなについてるんだろ~と引っ掻き傷のある壁の下のカーペットをめくってみた…。すると一枚の写真が出てきて、そこには2人のカップルであろう若い2人が写っていた。それと共に、なぜかすごい量の茶色い髪の毛?が出てきた。見つけたときは気持ち悪くて、なんで管理人は俺が住む前に掃除しとかねえんだよ!と腹を立てた。この写真を見つけてから奇妙な事が起こり始めた。夜中カリカリカリって音がする…結構古めのアパートだったんで、俺はネズミかなんかがいるんだろうと気にもしなかったが、毎晩毎晩その音は聞こえていた。

ある日、夜中にトイレに行きたくなって起きあがった。カリカリカリって音は引っ掻き傷の近くでしているようだった。俺はトイレに行くついでに見てみた… 。そこには何もなかったが、突然音が消えた。そのままトイレに行く。用を足していると、またカリカリカリって音が聞こえてきた。俺はネズミだと思い、トイレを出てからまた見てみに行ってみた。

するとまた音が鳴りやんだ…。なんか気持ち悪くなって、寒気が全身に走ったのを覚えてる。で、寝室に向いて歩き出した。引っ掻き傷の壁を通り過ぎ、振り返ろうとした時、部屋は電気を消していて暗かったんだが、床を一直線に黒い丸い影が走ってったのが見えた。その瞬間、『振り返ったらダメだ』と何者かに言われたような感じがした。そのせいでまた全身に寒気がした。

音がまたし出した。俺は振り向いてしまった…。すごくおびえた顔をした白い女の人が、何かから逃げてるような感じで、後ろ手のまま爪で壁を引っ掻いてた…。俺は、なんでこんなもんが本当に見えるんだ?と理解できないままそこに立ちつくした。その女は数秒壁を引っ掻き、なぜか突然、煙が消えるように消えていった。俺は見てしまった。変なものを見てしまった。生まれて初めて見た。興奮しまくってたが、気味悪くその夜は眠れなかった。

このことを管理人に話してみたところ、ドメステックバイオレンスのある家族が前に住んでいたらしい… 。部屋から出てきた写真を見せようとしたが、なぜか見つからなかった。

俺はその後も2週間住み続けたが、カリカリって音は毎日のように聞こえてきて、怖くて寝れない日が続いた。そのころから寝不足とかも伴い、学校生活がうまくいかなくなってきたので休学し、実家に帰ることにした。それと共にアパートは住むのをやめ、実家から学校に通うようになった。怪奇現象はそれ以降は起こってないが、あのアパートの前を通ると寒気がする。

結局写真は行方不明で、カーペットの下にあった茶色の髪の毛がどうなったかなどは全然分からないが、あの部屋はそれから1年経っても空き家のままだった。これが大学時代に体験した不思議なできごと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。